Products商品紹介


商品紹介

ティポット・新利休スタイル「磁器蓋」

Teapot/New Rikyu Style

鉄鋳物の本体と磁器の蓋とを組み合わせた異なる素材を用いたティポットです。この組み合わせは、古くから茶道具の組み合わせの一つで、懐石料理の重要な器、燗鍋に使われていました。今回のデザインは、新利休スタイルと名付け、現代の茶道具としての提案です。蓋は有田焼の磁器でつくられています。白、黒のモノトーンと手書きによる上絵の赤、青を独楽筋の文様として表現した4種類のデザインです。ティポットは丸筒、丸玉、平つぼの大小6種類の本体に、蓋は好みに合わせて組み合わせて使うことができます。日本の伝統的な茶道具の歴史をベースに新しいお茶のスタイルを提案するシリーズです。

The traditional technique of pot making for famous tea ceremonies is combined with a new design to fit a modern lifestyle.
A cast iron teapot with a porcelain lid. This pairing is a classic combination in Japanese tea-making implements, or chadogu.
Chushin Kobo offers this modern incarnation under the name "New Rikyu style.”
The lid is made of porcelain of Arita-yaki. There are four kinds of designs expressing white, black and handwritten red or blue as a concentric circular pattern. The teapot can be used in combination with six kinds of main bodies, Marutsutsu, Marutama, Hiratsubo the lid is according to your preference.
It is a series to propose a new tea style based on the history of Japanese traditional tea ceremony.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


ティポット(ステンレス・シンチュウ・鉄つる)

Teapot/with steel handle, stainless steel handle and brass handle

日本を代表する文化である茶道の重要な道具の一つである茶の湯釜の技法を、今日のライフスタイルに合わせてモダンにデザインされた一品です。ティポットの外側は伝統技術の砂肌を用い、内側は錆びにくいホーロー加工を施し、ステンレスの茶漉しをセットしています。ハンドルは鉄、シンチュウ、ステンレスを選ぶことができます。また鉄鋳物は、保温性が高く、お茶が冷めにくい特長があります。

Traditional technique of pot making for famous tea ceremonies is combined with a new design to fit a modern lifestyle.
The outside of the teapot revives the traditional Japanese sunahada textured surface, while the inside consists of corrosion-resistant porcelain. For ease of use, there is also a stainless steel tea strainer provided.
Choice of handle is black iron, gold brass or silver stainless steel it can be an attractive complement to the pot.
Casting iron pots are also known for keeping tea warm for a long time.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


ティポット(彩色シリーズ)

Teapot/Coloring series

日本を代表する文化である茶道の重要な道具の一つである茶の湯釜の技法を、今日のライフスタイルに合わせてモダンにデザインされた一品です。色は黒、青、赤茶、緑、黄、濃茶の6色です。周りの器に合わせたカラーコーディネイトをお楽しみください。ティポットの外側は伝統技術の砂肌を用い、内側は錆びにくいホーロー加工を施し、ステンレスの茶漉しをセットしています。また鉄鋳物は、保温性が高く、お茶が冷めにくい特長があります。

Traditional technique of pot making for famous tea ceremonies is combined with a new design to fit a modern lifestyle.
The colors are black, blue, red brown, green, yellow and dark brown. Please enjoy the color of your choice according to surrounding equipment.
The outside of the teapot revives the traditional Japanese sunahada textured surface, while the inside consists of corrosion-resistant porcelain. For ease of use, there is also a stainless steel tea strainer provided.
Casting iron pots are also known for keeping tea warm for a long time.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


茶托と湯呑

Tea cup & Saucers

鋳物の茶托と磁器の湯呑シリーズです。 ソーサー(茶托)は、やさしい曲面と砂肌を生かしたテクスチャーが美しい茶托です。デザインは、四角と 長角の2種類です。ティカップ(湯呑)は、まるとだえんの2種類のデザインです。手のひらに納まる掌(たなごころ)のかたちです。内側が白色ですので各種 類のお茶の色を楽しめます。 四角のソーサーには、まるのティカップを、長角のソーサーには、だえんのティカップが似合います。色は黒・緑・青・ 茶・黄・濃茶の6色です。ソーサー、ティカップの色を様々に組み合せてお使いください。またティポットの色も合せれば、さらに楽しくカラーコーディネイト できます。

The cups and saucers come in a set of two styles, each matching the teapot, their colors and patterns designed to complement it.
There are 6 colors, black, blue, red brown, green, yellow and dark brown. 
The same twin style characterizes the saucers, too. Vary the teacup combinations to coordinate.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


ティケトル・木ハンドルシリーズ

A Series of Kettles with Wooden Handles

鉄瓶をより日常生活に取り入れてもらうために、使いやすさを追求したティケトルです。ハンドル、つまみに木を使い、使いやすさと鉄鋳物の固いイメージをソフトに変えるデザインを心掛けました。底は熱の伝導率を高めるフラットな形状で電磁調理器に最適な底面積を確保。仕上げは鉄瓶の仕上げで使われている伝統技法を用い、800度で素焼きをしてさびを防ぐ酸化被膜で覆い、その上に漆の焼き付け仕上げを施しています。この方法で仕上げたティケトルで沸かしたお湯は、水道水の塩素(カルキ)をほとんど消すことができ、まろやかで臭みのないおいしいお湯になります。しかもお湯の中に鉄分が抽出されるため、体に必要な鉄分を自然に摂取できるメリットがあります。容量は1,2リットル、1,8リットルの2種類です。家族構成や使うシーンに合せてお選びください。沸かしたお湯をポットで保温する使いかたはもちろんですが、ウォーマーを使ったキャンドルでの保温は食卓を楽しく演出します。

This is a series of iron cast kettles with a moulded plywood handle. The materials of iron and wood suit each other very fittingly.
The folded plywood handles are very strong, durable and functional. On the kettles lid, the wooden knob is designed for ease of use and you can choose either white oak or a walnut one. The casting kettles` inside has a burnt finish of lacquer; the iron kettle has a finishing of bisque. The bottom of the kettle is a flat design and can be used on either an electric cooker or an electric range stove.
The modern designed kettle which is made with a traditional technique that is suited for a modern lifestyle. The hot water which is boiled by a casting kettle is able to erase almost all chlorine from tap water; so the water will be mild, have no smell and will be tasty hot water.
The hot water will have iron, which is a merit to be able to take iron naturally as we need it for our body. So you can enjoy tasty hot tea with a hint of healthy iron. The iron of hot water and tannin of tea react together to make an enjoyable tasty tea.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


ウォーマー

Warmer

ウォーマーは、保温する機能はもちろんですが、キャンドルの明かりは食卓を照らし場の雰囲気を高めます。鉄瓶、ケトルをウォーマーにセットして、温かさを保ちながら、お茶を楽しむのはとても気持ちが和む時間です。ヨーロッパ、アメリカでは普段使いに多く使われるウォーマーですが、日本の家庭ではまだ使われることが少ないアイテムです。食事を楽しむ小道具に是非お使いください。ウォーマーはお湯を沸かす道具ではなく、保温する道具です。

The warmer, of course, has the function of keeping warm, but the light of the candle illuminates the table and enhances the atmosphere. Setting the Iron kettle on a warmer, you can enjoy tea time with a feeling of relaxation. Warmers are a tool to be used every day in Europe and America, but there are still few things used in Japanese homes yet. Please use it to make a relaxing atmosphere around the table. The warmer is not a tool to boil water, it is a tool to keep water warm.

[2018.03.14]

詳しくはこちら


鉄瓶 紋コレクション

Iron Kettle/The crest collection

これらの鉄瓶は、日本に古くから伝わる優れたデザインの紋所をモチーフにデザインされています。古来文武の重臣たちは、勅許または神紋を賜り、家の紋所、旗印、馬印としました。これら月卿百官の紋所に源を発した紋章は、現在4,560種の多くを数えるに至っています。今回は四方木瓜、隅切、木瓜型、瓢の紋所をモチーフに4種類の鉄瓶をデザインしました。弦は本体の形状に合わせて木瓜形を配し、唐蓋のつまみは本体のかたちに調和する菊、松、菊割、瓢を取り合わせました。仕上げは、800度で素焼きをし、酸化被膜を施し、その上に漆の手塗り焼付仕上げを行う古くから伝わる伝統技法を用いています。この仕上げ法を施した鉄瓶で沸かしたお湯から鉄分が摂取でき、お茶のタンニンと反応しておいしいお茶を入れることができます。またこれらの鉄瓶を使かえば、水道水に含まれる塩素(カルキ)もほとんど消すことができます。

These iron kettles are designed with a motif of an exquisitely designed crest from a time gone by. From the ancient times, the scholar and military senior statesmen gave a character or a god print, and they made it into a house crest, a banner and a horse seal.
The crests originating from these coat of arms are now counting as many as 4560 kinds.
In this time we designed 4 types of iron kettles with motifs of a four-way Japanese quince, with a corner cutoff, a Japanese quince type, and a gourd shaped crest.
The handle is a bow-shaped design that matches the shape of the main body, the copper lid knob is a combination of a chrysanthemum, a pine tree, a chrysanthemum split, and a gourd that harmonize with the shape of the main body.
The finish is uncalcined at 800 degrees, an oxide film is applied then hand-painted with a baked finish of urushi lacquer which is done by using a traditional technique from long, long ago.
The hot water which is boiled by a casting kettle is able to erase almost all chlorine from tap water; so the water will be mild, have no smell and will be tasty hot water.
The hot water will have iron, which is a merit to be able to take iron naturally as we need it for our body. So you can enjoy tasty hot tea with a hint of healthy iron.
The iron of hot water and tannin of tea react together to make an enjoyable tasty tea.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


鉄瓶(ステンレスつる)

Iron kettle/with stainless steel handle

山形鋳物の伝統技法を用いて製作した鉄瓶です。その特長を生かした現代のライフスタイルに合うデザインの鉄瓶です。だえんの形をたて、よこに配置した2種 類です。本体と蓋とを一体にかたちづくり、だえんの持つ優しい美しさを強調しています。ツルの材料はステンレスを用い、鉄瓶の持つ古風なイメージを一新さ せるモダンな感じに仕上げました。そして現在のキッチンツールの主流をしめる材料のステンレスをツルに用いることで、他の調理器具とのコーディネートが、 自然のかたちで生まれ、調和することを考慮しました。 鉄瓶本体は鋳肌の挽き肌を生かし、繊細な鉄の肌を作り出しています。仕上げは800度で素 焼きをし、錆び止めの酸化皮膜をつけ、日本独自の伝統技法の天然漆の焼き付け仕上げを施し、さらに鋳肌の繊細な美しさを醸し出すオハグロを上掛けし仕上げ ました。伝統の仕上げ方法にこだわることにより、鉄鋳物の鋳肌の美しさを生み出し、鉄瓶本来の特徴である鉄分の摂取ができます。また日本の文化である「つ かいこむ」ことにより鉄瓶が時間と共に美しく育つ楽しみがある一品です。

These iron kettles are made with techniques of thin beauty which is a feature of Yamagata casting. It is an iron kettle with a thin thickness and beautiful casting surface and fits the modern lifestyle.
The form of changing the shape of the oval is to express gentle beauty.And the handle of the stainless steel is a design to renew the old-fashioned image of the iron kettle.
The finish is uncalcined at 800 degrees, an oxide film is applied then hand-painted with a baked finish of urushi lacquer which is done by using a traditional technique from long, long ago.
The hot water which is boiled by a casting kettle is able to erase almost all chlorine from tap water; so the water will be mild, have no smell and will be tasty hot water.
The hot water will have iron, which is a merit to be able to take iron naturally as we need it for our body. So you can enjoy tasty hot tea with a hint of healthy iron.
The iron of hot water and tannin of tea react together to make an enjoyable tasty tea.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


鉄瓶

Iron kettle

山形鋳物の特長である「薄肉美麗」の技法でつくられた鉄瓶です。肉厚が薄く、鋳肌が美しい鉄瓶です。 その特長を生かし現代のライフスタイルに合う、モダンなデザインの鉄瓶です。球をテーマに丸、宝珠、平丸と球を変化させた3種類のかたちはシンプルで美しく、その美しさを強調するために本体と蓋を一体にかたちづくりました。 お好みに合せてお選びください。 仕 上げは800度で素焼きをし、錆び止めの酸化皮膜をつけ、日本独自の伝統技法の天然漆の焼き付け仕上げを施し、さらに鋳肌の繊細な美しさを醸し出すオハグ ロを上掛けし仕上げました。伝統の仕上げ方法にこだわることにより、鉄鋳物の鋳肌の美しさを生み出し、鉄瓶本来の特徴である鉄分の摂取ができます。また日 本の文化である「つかいこむ」ことにより鉄瓶が時間と共に美しく育つ楽しみがある一品です。

These iron kettles are made with techniques of thin beauty which is a feature of Yamagata casting. It is an iron kettle with a thin thickness and beautiful casting surface and fits the modern lifestyle. The three shapes that changed the roundness of the kettle are simple and beautiful.
The finish is uncalcined at 800 degrees, an oxide film is applied then hand-painted with a baked finish of urushi lacquer which is done by using a traditional technique from long, long ago.
The hot water which is boiled by a casting kettle is able to erase almost all chlorine from tap water; so the water will be mild, have no smell and will be tasty hot water.
The hot water will have iron, which is a merit to be able to take iron naturally as we need it for our body. So you can enjoy tasty hot tea with a hint of healthy iron.
The iron of hot water and tannin of tea react together to make an enjoyable tasty tea.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


鉄瓶(唐蓋付)

Iron kettle/with copper lid

山形鋳物の特長である「薄肉美麗」の技法でつくられた鉄瓶です。肉厚が薄く、鋳肌が美しい鉄瓶です。 その特長を生かし現代のライフスタイルに合う、ベーシックなデザインの鉄瓶です。  丸みをおびた3種類のかたちはシンプルで美しく、その美しさを強調するために本体と蓋とツルを一体にかたちづくりました。特に蓋は唐蓋と呼ぶ銅蓋を用い、 伝統的な組み合わせの中に、新しさを感じさせるデザインです。唐蓋の仕上げは材料を吟味した煮色仕上げ。時間の経過と共に深みのある色に変化して味わいが あります。 鉄瓶本体は鉄鋳物を代表するアラレ文様を生かし、繊細な鉄の肌を作り出しています。hs-19b-5.jpg 仕上げは800度で素焼きをし、錆び止めの酸化皮膜をつけ、日本独自の伝統技法の天然漆の焼き付け仕上げを施し、さらに鋳肌の繊細な美しさを醸し出すオハグロを上掛けし仕上げました。 伝統の仕上げ方法にこだわることにより、鉄鋳物の鋳肌の美しさを生み出し、鉄瓶本来の特徴である鉄分の摂取ができます。 また日本の文化である「つかいこむ」ことにより鉄瓶が時間と共に美しく育つ楽しみがある一品です。

These iron kettles are made with techniques of thin beauty which is a feature of Yamagata casting. It is an iron kettle with a thin thickness and beautiful casting surface and fits the modern lifestyle. The three shapes that changed the roundness of the kettle are simple and beautiful.
The lid and the knob are made from an old-fashioned combination of copper materials, which makes the design feel new in a traditional combination.
The finish is uncalcined at 800 degrees, an oxide film is applied then hand-painted with a baked finish of urushi lacquer which is done by using a traditional technique from long, long ago.
The hot water which is boiled by a casting kettle is able to erase almost all chlorine from tap water; so the water will be mild, have no smell and will be tasty hot water.
The hot water will have iron, which is a merit to be able to take iron naturally as we need it for our body. So you can enjoy tasty hot tea with a hint of healthy iron.
The iron of hot water and tannin of tea react together to make an enjoyable tasty tea.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


香箱

Incense boxes

お香入れと香立を合わせ持った香箱です。蓋をとり、中から香を取り出し、香立に立てる。香を聞き終えたら蓋をかぶせ箱として佇む。部屋の空気をしつらえる一箱です。 箱をテーマに制作された木蓋仕様の源氏香箱、伝統技でつくられた羽落ち香箱、合せ香箱の3種類のデザインです。香立と香箱の2つの機能を持っている箱です。 サイズは各デザインの大小2種です。  羽落ちの技は、利休の時代から茶の湯釜に古くから使われている技法です。一つ一つを叩き割ることで、新たな美を生み出す日本独自の美意識です。朽ちていく 美しさを愛でる侘び寂に通じる美しさです。同じかたちが二つとないデザインも魅力です。お香を聞き、清浄された空間で瞑想にふけるに相応しい品々です。

These cast-iron incense boxes are used both to store incense and to light it.
The ridges on the lid represent a skill conveyed from the making of kettles for the Japanese tea ceremony.
Each formation is different, yet reflects the restraint typical of Japanese ornamentation.

[2018.02.21]

詳しくはこちら


風鈴

Wind bells

風鈴は古い塔堂伽藍の軒裏の隅々に吊るされていた風鐸が起源ともいわれています。 鈴の呼び名はその鈴の音色の清(すず)しさから生まれました。その清らかな音色には、心を鎮め、魔を払う呪力があると信じられ、弥生時代の出土品で使途の明らかでない銅鐸も祭具として使われた鐘の一種であると知られています。 山形らしい今日の時代に合う、デザイン性の高い風鈴の開発が鋳心ノ工房によってスタートしたのは1990年。日本の美を代表する折り紙をモティーフに始められ、10種類のシンプルなデザインが黒色で展開されました。 その後1995年から青、緑、茶、黄、黒の5色で彩色シリーズがスタート。現在は吊り型スタイルのほか、テーブル置きスタイルも展開しています。 今回紹介します吊り風鈴は、室内用の置型風鈴です。部屋の中のエアコン、扇風機の風で音色を楽しんで下さい。トレーに大切な小物を入れることもできます。また玄関先に置き、トレーに鍵を入れて、カギの出し入れで短冊に手が触れ、風鈴が鳴る。そんな楽しみ方もあります。

Wind bells are traditional Japanese products which are said to have been devised in the Muromachi Period, almost 660 years ago, and since then, they have been a standard feature of Summer to the Japanese.
In Summer time, Japanese people hang a wind bell, with a small rectangular piece of paper, so called “Tanzaku” ,under the eaves of houses or the ceiling of rooms so that a wind bell rings slightly when it catches the breeze, thus giving them a mental feeling of coolness.

[2018.02.21]

詳しくはこちら



Page Top