0%

Chushin Kobo -鋳心ノ工房-

増田尚紀デザインによる
日本に伝わる鋳物の伝統美を
今日の生活様式に提案する
CASTING STUDIOです。

scroll


Information最新情報

最新情報一覧へ


#01~日々時と共に変化していく様を楽しむ鉄瓶~

Read more

かつて日本の多くの家庭では、四季を問わず火鉢に鉄瓶が掛けられていました。現在の
ように電気ポットや電磁調理器ですぐにお湯が沸く時代ではありません。
鉄瓶からは、白い湯気が立ち上り、しゅうしゅうと音を奏で、注ぎ口は、白い湯垢でお
おわれて少し小さくなっています。本体の色合いは、漆と下地の鉄色が混ざり合い古びた
錆色を醸し出しています。持ち手は日々家族の手で触れられ、艶のある鉄色に輝いていま
した。
来客には鉄瓶から白湯を湯呑に注ぎもてなしました。
昔話ではなく、これから鉄瓶のある暮らしを始めませんか!

Living with an Iron Kettle
-Iron Kettle that enjoys changing day by day
In many families in Japan, iron kettles were replaced by a brazier
regardless of what season it was. At that time electric pots and electro-
magnetic cookers which quickly boil water were not as popular as they
are now.
From an iron kettle steam rises and sounds like ‘shu-shu’ are heard. The
spout becomes covered with a little white scale, the color of the iron
kettles’ body is mixed with the lacquer and the natural rust color of the
iron comes out. The handle is naturally polished with a radiant iron color
when held everyday by family. Naturally when guests visit they pour hot
water from the iron kettle into a cup and with it offer warm hospitality to
the guest. 
Let’s start living with an iron kettle now, not the old story!2020.04.30

「鉄瓶のある暮らし」記事一覧へ


Products商品紹介

商品紹介一覧へ



About鋳心ノ工房とは

「鋳心ノ工房」は増田尚紀デザインによる日本に伝わる鋳物の伝統美を、今日の生活様式に提案するCASTING STUDIOです。
伝統工芸は本来は決して保守的なものではなく、その時代においては極めて革新的な、ハードとソフトを合わせ持ったものです。 工芸が人々の暮らしに潤いを与える生活道具として、今日性を持つことにより、新たな伝統は築かれます。
鋳心ノ工房は日本文化をシードとした鋳造品を中心にユニバーサルなデザインを制作する創造的工房です。

会社概要

社屋外観

鋳心ノ工房 Chushin Kobo

〒990-0051 山形市銅町2-1-12
Tel. 023-625-4485
Fax. 023-642-4101
E-mail. info@chushin-kobo.jp

詳しくはこちら

ショールームのご案内

ショールーム内観
場所
〒990-0052 山形市円応寺町9-10
営業時間
午前10時から午後3時まで
定休日
土曜日、日曜日、祝日、夏季休暇、年末年始等
アクセス
山交バス:天童温泉行(わくわくランド)または楯岡行山交ビル駅乗車、北部公民館前下車
駐車場
あり(普通乗用車3台)

※スタッフは常駐しておりませんので、お越しの際はお手数ですが事前に工房までお電話またはメールにてご連絡ください。

詳しくはこちら


Profileプロフィール

増田尚紀 近影

増田 尚紀 / Hisanori Masuda
鋳金家・デザイナー

略歴

1949年 静岡県浜松市に生まれる。大学卒業後、恩師である武蔵野美術大学教授、芳武茂介先生のアシスタントとして5年間、全国各地の地場産業のデザイン開発を手がける。
1977年山形市に移り住み、20年間にわたり(株)菊地保寿堂にて600点におよぶ自身のデザインによる「WAZUQU」ブランドを確立。
1997年独立。日本に伝わる鋳物の伝統美を今日の生活様式に提案する「鋳心ノ工房」を設立。鉄、アルミニウム、ブロンズ等の素材を中心に鋳物のデザイン、製作、流通を一貫して手がける。
現在、(社)日本クラフトデザイン協会会員、東北芸術工科大学非常勤講師、山形大学非常勤講師

著書:引き継ぐこと、伝えること (2014年)

増田尚紀プロフィールへ


Page Top